鬱の人は何より運動を!

鬱で薬を処方されている人たちは、運動をすることで薬の量を確実に減らすことができるとわかった。  

米国・テキサス州ダラスにあるテキサス大学サウスウエスタン・メディカルスクールのマドゥカル・トリヴェディ博士によると、

抗鬱剤を処方されていて効果がなかった患者たちに、有酸素運動を行わせたところ、確実に成果があがることがわかった。

同博士によれば、週に4日、一日30分程度の有酸素運動で

効果があるという。

「患者たちにやってもらったのはすべて”有酸素運動”。ちょうど、

運動を”服用”してもらったようなものだ。トレッドミルをやった人もいれば、室内用のフィットネスバイクをやった人もいるが、

こういった有酸素運動を行うに当たり最も大事なことは、運動によって消費するエネルギーの総量だ」

同博士は、運動をすることで健康も回復し、心臓疾患や糖尿病の

リスクを下げることもできると強調している。

出典: the Journal of Clinical Psychiatry 

子どもも若者も犬も、みんな毎日幸せに眠れますように
子どもも若者も犬も、みんな毎日幸せに眠れますように
楽しい経験と記憶をたくさん積もう!
楽しい経験と記憶をたくさん積もう!