睡眠の足りない10代は   逸脱するリスクが高い

米国の全国調査によると、睡眠が足りない10代は、

よく寝ている10代の子どもよりも 逸脱するリスクが高いことがわかった。

疾病予防センターのレラ・マックナイト・エイリー研究員の

報告によれば 一晩の睡眠時間が8時間以下の場合、喫煙、

飲酒、喧嘩、希死念慮といった 行動をとる傾向が高い。

同研究員は、保護者に対して10代の子どものいる保護者は

8時間以上の睡眠時間を 例外なく確保できるようにすべきと

忠告している。

ipodや携帯電話をしていて夜眠れないと子どもがいうなら

それらを取り上げるべきだ」

出典: the journal Preventive Medicine.

子どもも若者も犬も、みんな毎日幸せに眠れますように
子どもも若者も犬も、みんな毎日幸せに眠れますように
楽しい経験と記憶をたくさん積もう!
楽しい経験と記憶をたくさん積もう!