幼児の肥満は       のちのぜんそくを引き  起こすリスクをあげる

 

幼児の肥満は、思春期以降にぜんそくになるリスクを

あげることがわかった。

デトロイトのヘンリーフォード病院の

アレルギー専門医のミント・ポーター医師が800人の子どもを

調査したところ、5歳から6歳にかけて肥満だった子どもは

思春期になってそうではない子どもより2.5倍ぜんそくになる

リスクが高いことがわかった。

一方、6歳から8歳にかけて肥満だった子どもでのちに通常の体重に

戻った子どもがのちにぜんそくになるリスクは高くないことも

わかった。

同医師は、家族は幼い子どもたちの体重と食事をしっかり管理し、

運動をたくさんさせるようにすべきだと指摘している。

出典: the U.S. Department of Health and Human

子どもも若者も犬も、みんな毎日幸せに眠れますように
子どもも若者も犬も、みんな毎日幸せに眠れますように
楽しい経験と記憶をたくさん積もう!
楽しい経験と記憶をたくさん積もう!